ひろたんの回想録

人は忘れる生き物といいますが、覚えておきたいこともありますね。忘れっぽいhirotanが思い出しながら描く回想録です。

回想録

先生の話(私のこと①)

投稿日:

SPONSORED LINK

本当に「先生」にお世話になっている、ウチの実家。
実は、私が結婚するときにも、母は「先生」に聞きに行っていたようです。

SPONSORED LINK

私が結婚したのは20歳の時です。
高校を卒業した後、メイクやデザインの勉強をしたくて、父母にお願いして
専門学校に進学させてもらいました。
一年間基礎学科の勉強した後、本来なら上級学年に進学するところを、
進路を決めることができず、結局は専門学校をやめて、就職することにしました。
19歳の春、とある自動車整備工場の受付(フロント業務)及び事務ということで
就職がきまりました。
初めての社会人としての仕事は、最初こそ緊張しましたが、楽しいものでした。
その自動車整備工場には20代の先輩が二人いましたし、併設のガソリンスタンドで
働くスタッフにも同年代の子がいましたので、休み時間も楽しく過ごしていました。
当時、会社の上司であり、取締役であった常務の元で仕事をすることが多く
認められたくて、一生懸命色んなことに取り組んだものです。
1年後、8歳年上のその上司と結婚したのです。
婚約から結婚まで、今でいうスピード婚だったため、母も心配だったのでしょう。
「先生」にお伺いを立てたようです。
当時の私はそんなことを知る由もなく・・・・その後大変な思いをするのですが。

10年後別居、12年後離婚・・・・となりました。
別居し、子供の親権でもめているときに、母から聞いた「先生」の話です。
「先生」は、『この結婚は心配なことがあると。家にある、対でなくてはならない
ものが、片方しかない。片方だけというのは、良くない。』と言われたそうです。
ところが、当時「対でなくてはならないものの片割れ」が、何のことを指すのかが
分からなかったのです。母は、そんな不安を抱えながらも、私の結婚を祝福して
くれたのですが、あえなく離婚という結末を迎えてしまいました。
離婚問題が、ひとまずの決着がついたとき、改めて「対でなくてはならないものの片割れ」
が気になり、母と話したのですが、「床の間に飾ってあった、獅子のお頭(おかしら)ではないか?」
ということになったのです。
「あぁ・・・そういえば、あぁいうのは対であることが多いよね。」という話をしました。
その「獅子のお頭」、大きさは20cm程度で小ぶりなもので、赤い顔に白いたてがみ、
獅子舞の獅子みたいなかんじの飾り物です。どういう経緯で実家に来たのかは、
話に聞いたかもしれませんが、覚えていません。
「この子が、一人で寂しかったのかもね・・・」ということで、話は落ち着きました。
対にしてあげていたら、私の結婚生活も、そのまま続いていたのでしょうか・・・・

-回想録

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

誕生日の食事はどこがおすすめ?レストランサンマルクで誕生日・クーポンは?

SPONSORED LINK もうすぐhirotanは誕生日を迎えます・・・ 「〇歳の誕生日なんて、もう嬉しくもないでしょ?」と主人には言われましたが(ちなみに主人は26歳)、いくつになっても誕生日っ …

八王子で焼肉食べ放題のおすすめはどこ?焼肉が美味しい日野のお店は?

SPONSORED LINK hirotan一家は焼肉屋さんに良く行きます。なぜなら、ダンナさんが焼肉が大好きだから(笑)hirotan一家は東京の都下に住んでいて、八王子や日野のお店をよく利用します …

no image

先生の話(私のこと②)

SPONSORED LINK 先生の話は、色々と聞いていましたが、私が先生に初めてお会いしたのは 3年くらい前でしょうか・・・ 当時、転職をするかしないか、その当時お付き合いしていた方との今後など、 …

祈祷?占い?先生の話(父のこと②)

SPONSORED LINK つづき 母がやってきました。先生から聞いた話を伝えると、母は涙を流しながら 「なんで・・・」 言葉が続きません。 妹や、知人もやってきました。みな、状態を聞くと呆然としま …

小学3年生の夏休みの宿題!苦手な読書感想文のサポート&書き方とは

SPONSORED LINK 小学生のころ、大変だった夏休みの宿題の中でも、特に苦手だった読書感想文。早々に終わらせてしまえばいいものを、後回しにしてしまい、夏休みも終わるころにヒーヒー言いながら、本 …

hirotanと申します。

山梨県出身。東京都在住。

9月9日生まれの40代。20代の夫と、1歳の息子と暮らしてます。

主人からは「ダイエットしろ」( `ー´)ノと日々叱られてます・・・・

子どもが保育園に行き始めたので、仕事を再開しました。正社員での雇用は厳しいと実感し、パート勤めスタートです。

主に日常で体験したこと、そこからの疑問や気づきなど書き綴っています。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。