スポンサーリンク

草野球で肩を痛めてしまった…インナーマッスルの鍛え方やストレッチに便利なグッズ

スポーツにはケガは付き物ですね。

特に、野球となるとあなたもそうですが肩は痛めやすい場所です。そのほかには、肘、手首など、様々あります。

痛みによっては、本当にちょっとしたものから、少しボールを投げただけでも激痛が来るものもあります。

なぜこんな話をしたかというと、うちの主人は趣味で草野球をやってるんですが、どうやら肩や腰が弱いらしく痛めてしまったんですよね・・・

私が行っている鍼灸整骨院に行ってみたら?と勧めたら、しぶしぶ行ったんですけど、肩というか肩甲骨の裏側のインナーマッスルを鍛えるように言われたんですよ。

インナーマッスルってどうやって鍛えるんでしょう?

スポンサーリンク

草野球で肩を痛めてしまった…肩甲骨の痛みはなぜ起こる?

まず、肩の構造から知っておいた方がいいかもしれません。

肩の関節は、体の中でも自由度が高い関節になります。そのため役割や、出来ることが多いために、使われすぎる傾向にあります。

肩の関節は、肩甲骨、上腕(二の腕の骨)があり、その周りを筋肉や、靭帯が覆っています。

そして、肩の関節の厄介なところは、腕の重みも肩の関節で支えているので、常に負担がかかった状態になっているということ。

その条件があるにもかかわらず、野球でボールを投げるとどうなるでしょうか?

肩にかかる負担が多すぎますよね・・・

それが、一回二回投げるのであれば、話は別ですが、野球のように一日で、何百回も投げてしまえば、しかも、それが何年も続けば、肩の筋肉は使われすぎて、痛めてしまいます。

肩が痛くなるのは何となくわかったけど、では肩甲骨が痛いのはなぜでしょうか?

簡単です、肩の筋肉が肩甲骨に付くから、一緒に動いて痛くなるのです。

肩甲骨のインナーマッスルの鍛え方はある?

肩甲骨のインナーマッスルを鍛えるにはどうしたらいいでしょう?

インナーマッスルTraining こちらのサイトを参考にしてみるといいですよ!

インナーマッスルは肩だけではなく、どこの体の部分にとっても大事です。

インナーマッスルの目的は、体やその関節部分を固定する役割があります。

投球動作をする際に、インナーマッスルが働かないと、全部がブレブレになり、狙ったところにボールをコントロールできなくなります。

しかも、棘上筋という筋肉は、インナーマッスルの一つの筋肉なのですが、この筋肉は、狭い場所を通る上に、使いすぎることにより、狭い場所で、いろんな組織と摩擦して、痛めやすい筋肉です。

これを痛めると、ブレブレになるほかに、野球の投球動作での痛みのほか、日常生活でも色んな動きの中で、痛みを感じることが多くなります。

ですので、痛めてる人も、痛めていない人も、しっかりインナーマッスルを鍛えて、野球での痛みを出さないようにしましょう。

肩甲骨のインナーマッスルを鍛えたりストレッチに便利なグッズとは

肩甲骨周りの筋肉やインナーマッスルを鍛えるのに便利なのがグッズ。

まずはこちらです。肩甲骨に負担なく、ストレッチと、筋トレの両立ができるグッズです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三輪式肩スッキリバンド カタバン
価格:1944円(税込、送料別)

楽天で購入

肩甲骨はもちろん、他の部分もストレッチが出来、無茶をすることがなく、こちらも負担がなく行えます。

鍛えると、ストレッチは共に、意識することが大切です。

筋肉には神経通っているので、そこを目で見て、どこを鍛えてるのか頭で考えながら、神経を意識することで効果があがります。

ストレッチをして筋肉の柔軟性があがれば、おのずと筋肉の動きが良くなり、鍛える際にも筋肉がいい動きをしてくれるのでより効果がでます。

両方ともやっている途中で、痛みや、違和感を感じたらすぐにやめてください。

ストレッチでもやりすぎると、痛める可能性があります。トレーニングはなおのことです。

ですので、少しずつ自分のできる範囲を増やすようにしてくださいね。

さいごに

趣味の草野球であっても、しっかりストレッチと、筋トレでいつまでもプレイが出来るような体づくりをしたいって主人は言ってるんですけどね・・・なかなか、上手くいかないようですよ(笑)

私には筋トレしろ!ダイエットしろ!っていうのに、自分では・・・・ねぇ(´艸`*)

こういったグッズも、買って満足するのではなくて、使って満足しないと意味ないですもんね!

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。