京王れーるランドに2歳児とお出かけ!夏休みの混雑状況や大人の楽しみ方

先日の話ですが、主人の短い夏休みを利用して、子どものためにと日野市内にある「京王れーるランド」へ行ってきました。

2歳児を連れてのお出かけ、楽しんでもらえるかな?という心配や、夏休みだから混雑は必須という心配も・・・そんな中で一緒に行った大人も楽しめる?

スポンサーリンク

京王れーるランドに2歳児とお出かけ

京王れーるランドは日野市にある子供向けのテーマパーク。

うちの子が電車や車、飛行機などに興味を持ち始めたので、そろそろ連れて行ってみようか?ってことで行ってきました。

2歳でも楽しめるのかな?という心配もあったのですが、改札ゲートを入った瞬間から大興奮です(笑)

京王線の多摩動物公園駅とのつづきで↑こんな感じの入り口です。

入場券は券売機で購入するようになっていて、これがまた切符の券売機なのが面白い。

↑特急券とかと同じサイズの入館券。これを入場用の改札機に通すわけですね。入館料は1回250円(3歳以上)とお安い!

この改札機の入場ゲートは、屋内施設と車両展示場とで1日行き来が可能です。入場券を通すと、横から券の動き(切符がどのように改札を通過していくか)が見えるんですよ。

小型シミュレーター

入ってすぐの右手に、小型シミュレーターがあります。モニターを見ながら運転の疑似体験ができるので、電車好きにはたまらないですよね!

現在走っている車種*の模擬運転台で最新保安装置(ATC)を用いた運転を体験できます。
※京王線 8000系、9000系 井の頭線 1000系

何度も並んでやっている方もいましたよ。

京王線沿線ってこんな感じだね。実物をそのまま作ってるのかなぁ?なんて話しを主人としていたのですが、子供だけじゃなく大人も楽しめるかも。

バス展示

入場ゲートを入ってすぐに目につくのが、京王バス。本物の車両が置いてあって、運転席にも座れます。降車ボタンも押せたりして、子どもは喜びます。

※日産ディーゼルKC-RN210CSN型超低床型

ジオラマ展示

↑こちらジオラマ展示は模型の電車を運転できるんですが、5分100円。

コレやろ~!って始めたのはイイのですが、よく見ると4席あるうちの2席にはモニターがついていて、ウチが座ったところにはなった!どうせならモニター付きのところで運転したかった~。

運転体験

↑運転体験は150インチ大画面を見ながら、実際の運転台で色々な走行が体験できる本格仕様。スタッフさんが指導してくれますよ。こちらは1回300円。先にチケットを購入しておいて、時間になったらスタート。

新型車両写真スポット

↑新型車両で写真撮影。職員のジャケットや帽子も着用できます。

車掌体験

↑車掌体験ができる、本物の車両。

実際に使用していた車両の車掌スイッチや放送装置を用いて、ドアの開閉操作や車内放送を体験できるんですって。

スポンサーリンク

京王れーるランドの夏休みの混雑状況は?

なんか、比較的空いてるよね・・・なんて話をしていたのですが、混みあっていたのは2階でした。

わが家が行ったのは8月18日(土)でお盆休みの終盤という企業もくて人出も多いのかな・・・というような日でしたが。

2階の混雑状況も、混雑はしているとはいっても大混雑っていうほどではありませんでした。これはラッキーですね。

2階にあるのは「アスれーるチック」「プラレールで遊ぼう」「コレクションギャラリー」あと休憩スペースやテラスです。

京王れーるランドには、レストランなどの飲食店はないので、お弁当などの軽食を持参するといいですよ。スナックの自販機と、ドリンクの自販機はあります。

休憩スペース、テラスでは飲食可能ですが、たくさん席があるわけではないので、休憩したら荷物をもってすぐに移動しないと、待っている方がいるので席を確保しておくということはできません。

我が家は軽く昼食を取ってから、外の展示スペースへ。

気づけば、主人が「プラレールで遊ぼう」のチケットをGETしてました(笑)

↑みなさん、チケット獲得のためにこんな風に並んでます。40分入れ替え制で、30分遊んだら片づける感じですよ。靴を脱いでプレイルームに入るので、夏場の裸足が気になる方は靴下を持っていったほうがいいですよ。

屋外展示

屋外へ出る時には改札機に入館券を通してから出て屋外展示場の改札を入ります。

車両展示

往年の車両5両*が並列に展示されています。京王線と井の頭線が並んでいるのでオモシロイ。
※2400形、2010系、5000系、3000系、6000系

あ・・・昔の電車の車内だ~。って言っても主人には???みたい(笑)歳の差を感じます。

昔は天井に扇風機がついていたよね!

ミニ電車

車両展示の外周で、9000系のミニ電車に乗って楽しめます。子供の姿をカメラに収めようと、電車が出発するとパパママが一斉に駆けだします(笑)

こちらは1回100円。

京王れーるランドの大人の楽しみ方?!

京王れーるランドって子どもがターゲットのテーマパークのように感じますが、電車好きにはたまらないところでもありますね。

でも、電車も好きじゃないけど・・・・なんて大人でも、子供と一緒なら楽しめます。

一番楽しめるのが「プラレールで遊ぼう」じゃないかなと思います。

プラレールで遊ぼう

タカラトミー社の京王線・井の頭線「プラレール」で楽しめるコーナー。

中へ入ると、決められたスペースの中でプラレールを組み立てて遊ぶことが出来ます。

線路パーツは争奪戦です(笑)

子供が夢中になって遊びそうだけど、案外大人が夢中になるのがコレ!

短時間で見栄えのいい線路を作ろうとムキになっちゃうみたいです(笑)あたりを見回してみれば、一生懸命に組み立てているお父さんがあちこちにいます。

ここがお父さんの腕の見せ所!すごいのが出来上がると、周りからは羨望のまなざしが・・・(笑)

さいごに

展示スペースがそれほど広いというわけでもないので、来場者が多いと大混雑なのだと思いますが、3時間くらい遊んで帰るという感覚ならこれくらいでもいいかなぁって思います。

幼児の場合、長時間遊ぶというのは難しいと思うので、我が家の場合はちょうどよかったという感じです。

ちょっと物足りなさを感じるのであれば、すぐそばにある多摩動物公園や京王あそびの森HUGHUG(ハグハグ)にも行ってみるのもいいかも。

【関連】



スポンサーリンク

役に立ったなと思ったらシェアしていただけると嬉しいです(^^♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。