ひろたんの回想録

人は忘れる生き物といいますが、覚えておきたいこともありますね。忘れっぽいhirotanが思い出しながら描く回想録です。

その他

育児休業を最長2年の延長へ・・・行方が気になる。あなたは賛成?反対?

投稿日:

SPONSORED LINK

厚労省の会議で審議されるという「育児休業を現行の最大1年半から2年へ延長」という話。
育児休業が延長される理由として、待機児童の増加や、育児を理由に仕事を辞める人が多いから
ということだけれど、実は私も今この状態・・・なのかな。

SPONSORED LINK

これに関しては、「賛成」「反対」それぞれの意見があると思うのですが・・・
まずは、現行の制度についてカンタンにまとめ。
【育児休業(いくじきゅうぎょう)】子を養育する労働者が法律に基づいて取得できる休業のこと。
・取得条件・・・育児休業は、条件を満たせば、取得するのは男女を問わない。
・雇用形態・・・労働者が対象。有期雇用労働者は要件あり。
・期間・・・・・子が1歳に達するまでの間。1歳到達日において育児休業をしている場合で
次のいずれかの事情がある場合には、1歳到達日の翌日から1歳6か月に達する日まで育児休業を
することができる。
● 保育所への入所を希望し、申し込みをしているが入所できない場合
● 配偶者の死亡、負傷、疾病などのやむを得ない事情により、子供の養育が困難になった場合

現状、保育園への申し込みをしようとしていたところでしたが、0歳児の受け入れ枠は
極端に少ないです。かといって、申し込みをしないと入ることも出来ないわけで・・・
今悩んでいるのが、0歳で無理に保育園へ入れることはどうか・・・というところ。
我が家は決してゆとりがあるわけではありません。なので、私の収入がないことは
とても痛手です。かといって、仕事に復帰したとしても、時間を短縮しなければならなかったりで
収入も減るのに加えて、保育料がバカ高い・・・。働く意味はあるのか?という状態になってしまう。
もちろん、社会保険がしっかりあるというメリットはあるものの、この時期しかない、
子どもの成長を見逃してしまうということも。
会社に、育児休業の延長を打診したのですが、渋られてしまいました。
こうなると、仕事は辞めるしかないのかな・・・とも思います。
それに、最近、保育園での事件や事故をニュースでやってるのを見てしまうと
乳児を他人に委ねるのも不安になってしまう。
このような状況で、今現在解決策の見えない無限ループにはまり込んでいます。

少しでも、この子と一緒に過ごせる時間が延ばせるのであれば、ありがたいなと思います。
政府は「カジノ法案成立」とか言ってますが、子どもを育てる環境の整備のほうを優先してほしいな。

-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブログのアイキャッチ・写真をフリー(無料)の素材で!スマホから投稿でお小遣い稼ぎも

SPONSORED LINK みなさんブログの写真は自分で撮影した写真を使っていますか?なかなか記事内容に合う写真がなくて困ったことはありませんか?自分で撮りだめしておいて、わからなくなってしまったり …

ウォーターサーバー選び方 天然水で比較?【富士山】の天然水

SPONSORED LINK ウォーターサーバー選びのポイントは何でしょうか?選び方や比較、こだわりポイントをまとめました。 SPONSORED LINK ウォーターサーバーの選び方 ご自宅でウォータ …

ハロウィン仮装初めてのときどうする?参考子供画像&手作りするには?

SPONSORED LINK 子どものために、ハロウィン仮装を考えようとなったとき、さて?どうしたものか・・・と初めてのことに頭を悩ませてしまったのですが、何事も初めての時にはわからないことだらけです …

STING WITH SPECIAL GUEST JOE SUMNER 【日本武道館】

SPONSORED LINK STINGの日本公演のチケットが「e-プラス」で 最速プレオーダー受付ということで始まりました。 原点回帰し最新作からPOLICEベストまで、ベスト選曲を披露する来日公演 …

メルカリ アッテの使い方。メルカリとの違いは?口コミ・ジモティーとの比較

SPONSORED LINK いろいろあるフリマアプリ。スマートフォンのみで使えるもの、パソコンでも使えるものなどありますが、メルカリ アッテはどんな感じ?メルカリとの違いは何だろう。使っている人の口 …

hirotanと申します。

山梨県出身。東京都在住。

9月9日生まれの40代。20代の夫と、1歳の息子と暮らしてます。

主人からは「ダイエットしろ」( `ー´)ノと日々叱られてます・・・・

子どもが保育園に行き始めたので、仕事を再開しました。正社員での雇用は厳しいと実感し、パート勤めスタートです。

主に日常で体験したこと、そこからの疑問や気づきなど書き綴っています。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。