STING(スティング)来日の話

SPONSORED LINK

私が「STING」のファンになったのは、かれこれ17~18年前だろうか・・・。
8つ年上の旦那さんとの共通の話と言えば、仕事の話とゲームくらい。
以前の日記にも書きましたが、職場結婚だったので仕事の話は共通のテーマ。
ゲームは、当時「バイオハザード」が流行っていたんですね。
一緒にゲームクリア目指して、毎晩やっていたわけですw

それ以外でというと、音楽なんですが、当時さほど洋楽に興味がなかった私ですが
「洋楽BEST HIT 80’~90’」というような5枚組のCDを聞くようになったのを
きっかけに、聞き始めるようになりました。
そんなとき、当時の旦那さんに勧められたのが、「THE POLICE」そして「STING」
なんですね。
初めて「THE POLICE」の音楽を聞いたとき、「なんてカッコいいんだろう!」と
思ったのを、今でも思い出します。
「synchronicityⅡ(シンクロニシティⅡ)」は、「なんでこんな声が出るんだろう!
スゴイ!ステキ!!」もぅ、感激でしたね。
「Every Breath You Take」は名曲ですよね。
映画「レオン」での「Shape of my Heart」最高に素敵!
「Englishman In New York」いろんな方がカバーしてる名曲。

2011年1月19日、日本武道館での「POLICE」来日ライブ・コンサートで
初めて「STING」の声を「生」で聞いたわけですが、感謝感激でした。
オープニングの第一声で、身体を電気がビリビリッって走ったみたいな感じ。
今まで、テレビでコンサート映像とか見ていて、女の子がアイドルの登場に「キャーッ」って
叫んでいるのは、意味わからんと思っていたけれど、意味もなく奇声を発してしまう
心境が、このとき初めてわかりました。興奮するんですね。。。

2016年11月11日。3年ぶりのニュー・アルバム「ニューヨーク9番街57丁目」を
リリースし、プロモーションのため6年ぶりの来日!
今回のアルバムは13年ぶりのロック・アルバムというから、すごく期待!
まだ買ってないんですけどね・・・。
明日、日本テレビ系「スッキリ!」に生出演というので、絶対見なくては!!と意気込んでいます。
「ベストアーティスト2016」にも出演するということなので、見逃さないようにしなくては!
ただ、こちらの番組は長丁場なので、どのあたりで出るのか・・・。
今から、待ち遠しいです。

「STING」
作曲家・歌手・作家・俳優。1951年10月2日生まれ。
本名:ゴードン・マシュー・サムナー。
”スティング”の由来は、アマチュア時代のステージでよく着ていた黒と黄色の縞模様のシャツが
蜂を連想させるというところにあるそう。(スティング=蜂の針)
1977年に「POLICE」結成のため、ロンドンに移住。
1978年「ロクサーヌ」でデビュー。
1985年ソロ活動を本格的に開始。
熱帯雨林の保護活動家、国際的な人権保護運動家の側面を持つ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする