アイドルの話(光GENJI)

SPONSORED LINK

小学生も中学年になると、「〇〇ちゃんは、〇〇くんのことが好きなんだって~」と
いうような、恋愛話が出てきますね。(今の世代の子供たちは、もっと早いようですが)
それと、アイドルに興味を持つようになります。

当時、小学生だった私に、衝撃的な出来事が・・・・
そう。「光GENJI」というアイドルグループのデビューです。
今まで全く興味がなかったアイドルに、興味を持つようになったのです。
というのも、仲良しグループの女の子の間で、とても人気があったから。
ローラースケートで滑りながら歌うという、当時としては斬新的なスタイルは
世間の注目を集めました。
もちろん、学校でもその話題で持ちきりです。

ちょっとここで「光GENJI」について振り返りたいと思います。
「光」と「GENJI」という二つのグループが合わさっての「光GENJI」
メンバーは「光」『内海光司(うちうみこうじ)』『大沢樹生(おおさわみきお)』
「GENJI」『諸星和己(もろほしかずみ)』『佐藤寛之(さとうひろゆき)』
『山本淳一(やまもとじゅんいち)』『赤坂晃(あかさかあきら)』
『佐藤敦啓(さとうあつひろ)』

印象に残っているのが「パラダイス銀河」
『よ~こそ~ ここへ 遊ぼ~よ パラダイス』と歌いながら、ローラースケートで
登場してくるシーンは、今でもよく覚えています。
テレビに出始めた当初は、ローラースケートも、お世辞にも上手いとは言えず
良く転倒していたのを思い出します。
私は「諸星くん」のファンでした。
メンバーにはそれぞれニックネームがあり「諸星くん」は「かーくん」です。
仲良しグループの女の子の間では、毎日のように「かーくん」がどうとか
「ミッキー(大沢樹生)」がどうしたとか、そんな話ばかりです。
そんなことが、楽しい時代でした。

私が特に好きだった曲は「ガラスの十代」。今でもカラオケで歌ってしまうかもしれない(笑)
当時はまだCDではなくカセットテープの時代。
カセットにダビングして、みんなで歌詞を覚えたり、振り付けを覚えたりしたものです。
出演番組を見逃したときなど、大変でした。
次の日の話題についていけないから。
そもそも、テレビをあまり見なかった私は、好きなアイドルのためにテレビにかじりつくなんて
ありえない話でした。
人を好きになっときのパワーというものはすごいものですね。
仲良しグループの女の子の中でも、「光GENJI」にものすごくご執心の子がいたのですが
今もファンなのかなぁ・・・・

懐かしい思い出でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする