カーブスの運動でできること【50代から筋肉はつくか?】料金体系について

SPONSORED LINK

「女性だけの30分フィットネス カーブス」といった紫色の看板を駅近くで見たことはありませんか?最近流行りのフィットネスクラブですね。フィットネスとはいっても、実は年齢層が高めだったりします。なので「30分健康体操教室 カーブス」とうたっている看板もありますよね。そんなカーブスについてのお話です。

<目次>

・カーブスの特徴

・カーブスの運動でできること

・カーブスの運動は50代でも80代でも同じことをするの?

・カーブスの運動の効果

・カーブスの入会金を安くするには

・月会費のしくみ

・最後に・・・

カーブスの特徴

気軽に30分の運動ができるというのがカーブスの最大の特徴です。予約なども不要で、好きな時間に通うことができます。ただし、一日30分だけです。一日30分ですが、毎日利用しても構いません。日曜・祝日はお休みです。土曜日は午前中のみ営業。そして、会員は女性のみです。女性のみなのに理由があって、男性の目を気にせず運動ができることが大きいかと思います。そして、大きな特徴として、年齢層が高いということです。フィットネスというと若い人をイメージする方も多いと思うのですが、ハッキリ言うとおばあちゃんが多いです。(笑)これは、地域的な要素も強いかと思うのですが・・・。とはいっても、年齢が高くても運動ができるというのは、素晴らしい事だと思います。80代で通われている方もいましたので、色んな年齢層の方が、同じトレーニングを行えるというのも、最大の特徴かと思います。

カーブスの運動でできること

カーブスの運動は「有酸素運動」「筋力トレーニング」「ストレッチ」の3つの運動をバランスよく30分でできるようになっています。筋力トレーニングに使うマシーン(機械)は、カーブス専用のマシーンだそうです。普通、運動する前にストレッチをするというイメージがあるかと思いますが、カーブスではストレッチは運動の後に行います。まずは、マシーントレーニングと有酸素運動をします。12台のマシーンが円状に並んでいてマシーンとマシーンの間にボードと呼ばれる板がおいてあり、そこで有酸素運動を行う仕組みになっています(サーキットトレーニングといいます)。マシーンを動かすのは1台につき30秒。ボードでの有酸素運動を30秒。これを時計回りに1周行うことで12分、2周まわって24分、その後ストレッチを行います。マシーンは1台で複数の筋肉を鍛えられるようになっています。

カーブスの運動は50代でも80代でも同じことをするの?

50代の人も、80代の人も、同じ運動をするのに効果はあるの?と疑問に思いませんか?これには理由がありました。カーブスで使っているマシーンは「油圧式」というもので、よくフィットネスジムで見かける、おもりを付け替えるマシーンとは違うそうです。なので、一人一人に合わせておもりを変えるということはありません。じゃあ、同じ重さのものを使ってるの?と言えば、それも違います。「油圧式」のマシーンは、動かすスピードで負荷(重さ)が変わるということなので、負荷をしっかりかけたい人は、30秒間マシーンを動かすスピードを速くする、逆に負荷はそれほどかけたくない人は、マシーンをゆっくり動かすだけでOK。そして、マシーンを動かすときには「腹圧」を意識すること、使っている筋肉を意識することが大切だそうです。自分の動かし方で負荷の調整ができるので、50代でも80代でも同じマシーンを使ってトレーニングができるというわけです。ちなみに、油圧式のマシーンはリハビリなんかにも使われているそうです。

カーブスの運動の効果

わずか30分の運動で効果を得ることができるのか?と疑問に思う方も多いと思います。実際に体験するまで、私もそう思っていました。カーブスの運動は、筋力トレーニングと有酸素運動とを交互に行うことで、筋力トレーニングで血圧や体温を上昇させてから有酸素運動を行うことで同じ時間有酸素運動を行った時より、およそ3倍の脂肪を燃焼させることができると言われています。脂肪を燃焼させることでダイエットの効果がありますし、筋肉がつくことで基礎代謝*1も高まり、こちらもダイエットに効果ありです。運動後にストレッチをしっかり行うことで、更に脂肪燃焼効果がアップできるのもうれしいですね。*1基礎代謝とは、筋肉は何もしなくてもエネルギーを消費しています。これを基礎代謝と言います。

カーブスの入会金を安くするには

カーブスの入会金15,000円(8%税込16,200円)を安くするにはいろいろとあります。WEBからの申し込みで安くなる方法。折り込みチラシなどからの申し込みで安くなる方法。提携企業のお買い物時のクーポンで安くなる方法。既にカーブスに入会している方からの紹介で安くなる方法(入会する店舗は紹介者と違っても構わない。紹介で入会すると入会プレゼントがあるみたいです。)。企業の福利厚生プログラムで安くなる方法。などがあります。特別企画で入会金が0円、入会月の会費0円という時もありました。それぞれ割引率も異なり、だいたい50~60%割引が多いようです。

月会費のしくみ

カーブスは月会費制です。月に何回利用しても金額は変わりません。
12ヶ月お得コースと呼ばれる5,700円(8%税込:6,156円)のコース、もしくは定額コースと呼ばれる6,700円(8%税込:7,236円)のコースです。12ヶ月お得コースは、最低でも1年通うことを前提に申し込むコースなので、1年以内に退会する場合は、定額コースとの差額1,000円(8%税込:1,080円)を違約金として支払うことになります。(最高6,000円(税込:6,480円))1年経過後の退会には違約金はかかりません。定額コースは、1年経過後から自動的に、12ヶ月お得コースに変更になります。なので、入会時から12ヶ月お得コースで入会することをお勧めします。

最後に・・・・

私は妊娠を機にやめてしまいましたが、通っていた1年ちょっとの間で、体形がずいぶんとシャープになりました。ちなみに、週に2~3回程度です。ぽっちゃりしていたのが、脂肪が落ち筋肉がついたことで見た目の印象が変わったのです。体重じたいはそれほど変わっていません。なぜなら、脂肪よりも筋肉の方が重いからです。筋肉がついてきたのがわかると、筋力トレーニングも楽しくなります。私が通っていたころ入会してきた84歳のおばあちゃんは、始めこそゆっくりゆっくり動いていたのが、気がつけばスタスタ歩いていたのには驚きました。知的障害がある女の子が、お母さんと一緒に通っていたのにも印象的でした。お母さんの話によると、カーブスに通い始めてから様子が変わったということでした。筋肉もついてきて、片足で立って靴下を履くことができなかったのが、出来るようになったそうです。おばあちゃんたちの話も、「できなかったことが、できるようになった」という話は多かったです。筋肉は何歳からでも鍛えることができるとは聞いていましたが、目の当たりにすると、やはりすごいなと思います。

<追記>カーブスは勧誘がうっとうしいという話をよく聞きますが、自分は運動をしたいだけと思って通う方は、そのように伝えればいいと思うし、自分がやってみて良かったことを他の人にも勧めたいと思ったら、お友達を紹介すればいいと思いますよ!

 


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする