ダイソンV6mattress+布団クリーナーはこんな感じ!

SPONSORED LINK

ダイソンV6mattress+を手に入れることができました。ダイソンと言えば、高価な掃除機と言うイメージと、CMでお馴染み「吸引力が落ちない掃除機」だと思います。欲しいけど、価格がね・・・と躊躇している方も多いはず。かくいう私もその一人です。(笑)これからダイソンの掃除機を買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

ダイソンの製品には次のものがあります。 ・掃除機 ・ロボット掃除機 ・空調家電 ・加湿器 ・ヘアドライヤー ・照明 ・ハンドドライヤー ・専用ツール 今回レビューする商品は、ダイソンV6マットレスプラス「最も多くのハウスダストを取り除く布団クリーナー」。実は、このダイソンV6マットレスプラス、イオン×P&Gのキャンペーンで当たったのです!【商品レビュー】パンパース「はじめての肌へのいちばん」「さらさらケア」その違いと使用感・安く買う方法 我が家では、ベビーのおむつはパンパース(P&G)なので、購入する度に、せっせと応募してました。まさか当たると思わなかったので、大興奮です(笑)以前から、「ダイソンの掃除機が欲しいな」と思っていても、現在使っているものもまだ使えるし・・・・と思うと、お値段も一般的な掃除機に比べると高価なので、なかなか手が出ませんしね。今回は、布団クリーナーだけれど、それでもダイソン!しっかりメリット・デメリットを実感して、次回のダイソン掃除機の購入に役立てたいと思っています。

<もくじ>

V6マットレスプラス 付属品

付属品には・ミニモーターヘッド(ナイロンブラシが、ベッド、布団、ソファなどに入り込んだゴミを書き出し、より多くのほこりやアレルゲンを取り除きます)・隙間ノズル(狭い隙間や届きにくい場所のお掃除に便利)・ミニソフトブラシ(やわらかいブラシでほこりを優しくとりながらお掃除するツール。テレビやパソコン、障子の桟などに適しています)・コンビネーションノズル(先端にブラシがあり、用途によってブラシを出したり、ひっこめたりして使用します)・フトンツール(空気の力でデリケートな布団や記事からほこりやアレルゲンを取り除きます)・延長ホース(届きにくい場所のお掃除に)・ハードブラシ(玄関の砂ぼこりや泥汚れなど、こびりついた頑固な汚れに適したツール)がついています。

早速使ってみようと思い、充電を開始。充電には3.5時間くらいかかるみたいです。意外と時間がかかるんですね。

本体は約1.6kg。片手で持てるくらいの重さです。本体に、付属品パーツをカチッとはめ込むだけで使えます。

握り手部分のトリガーを引くと、運転開始です。なんだか、おもちゃみたいです。トリガーを握っている間だけ動くので、ついつい握る手に力が入ってしまいます。(笑)一番最初に使った時は、知らずにハイパワーで使い続けて20分も経たずにバッテリー切れになってしまいました。後で説明書を見てみると、ハイパワー(強モード)で約6分使用可能とありました。(^-^;通常のミニモーターヘッドで使用して、約17分使用可能。隙間ノズル+コンビネーションノズルの組み合わせで、約20分使用可能のようです。

使う前に登録しよう

本来、使う前に登録するべきところ、私は一度使用してからになってしまいましたが・・・(;^_^A「2年間のメーカー保証を受けるために」商品購入後、30日以内に登録すると、購入日より2年間のメーカー保証が適用され、修理にともなう部品やサービス費用が、この保証に含まれることになります。保証登録は、取扱説明書についている「保証登録カード」に必要事項を記入して郵送で送るか、ネットでオンライン登録(www.dyson.co.jp)のどちらかになります。その他、「ダイソンのサポート体制」というものがあり、<話そうダイソンお客様相談室>では、製品に対する問い合わせに、ダイソンの専門スタッフが迅速に対応する体制があります。その際に、製品製造番号(シリアルNO,)が必要です。V6マットレスは、クリアピンを取り外し、本体握り手部に貼付けされた製品ラベルで確認できます。修理が必要な場合、回収から修理後の返却まで、72時間以内にできるよう目指しているそうです。これって、すごいですね!

SPONSORED LINK

吸引力はCM通り?音は気になる?

動画で見てみよう

噂の吸引力はどうだろうということで、早速使ってみた感想です。ちなみに、普通に掃除機をかけた後のカーペットに試してみました。しっかり吸っているという手ごたえがあります。

その後、長座布団の表面。吸引力が強くて、座布団がくっついてきてしまいます(笑)

続きまして、長座布団裏面。一通りやってみました。

吸引力が強い=音はうるさい。というような感じがありますが、一般的な掃除機と音の大きさはさほど変わらない気がします。しかし、音が甲高いので、うるさく感じてしまうのではないかなと思います。ウチのチビちゃんは、この甲高い音をさせて近くで掃除してると嫌みたいです。(笑)さてさて、吸引力の結果はいかに・・・

ウソでしょ?こんなにあるの?というくらい、ほこりやアレルゲンを吸い取っていました。掃除機かけてるのになぁ・・・(;^_^Aどれくらい取れたのかなぁ・・・と思って、クリアビン内のごみを寄せようとトントンしたら、クリアビンの底はしっかり閉まっているものの、隙間から細かいほこりがでてきてしまいました。トントンしないほうがいいみたいです。

ゴミを捨てるときは、クリアビンの横にある赤いんボタンを押すと、ビンの底があくようになっているので、ゴミ捨てがとっても楽です。それにしても、たったあれだけの作業で、このゴミ・・・。

布団の表面的にはキレイにみえていたとしても、
実は内部にはアレルゲンとなるダニ類や
カビ類などが数多く潜んでいる。
これらは総称として「ハウスダスト」と
呼ばれ、一般的に知られている室内塵性ダニ類
だけでなく、ダニのフン、死骸や破片、カビ、
落屑(皮膚片)、小形昆虫類などが含まれる。

人間が快適に過ごすための布団は、
実にダニの生育などにとっても非常に
快適な場所だからこそ、改めてハウスダストを
取り除く必要性と対策を考えたい。

参考:ダイソン公式ページ

沢山のほこりとアレルゲンを吸い取ってくれますが、出てくる排気はほこりっぽくないです。まぁ、新しいというのもあるかもしれませんが・・・これが、部屋の空気より排気のほうがクリーンってやつですね(笑)

メンテナンスは簡単?

フィルターは最低でも1ケ月ごとを目安に冷水で洗浄します。これって、お湯はダメってことよね?うっかりトリガーを引かないようにし、フィルターを取り外し、水洗い。(お湯や洗剤は使ってはいけません)24時間は風通しの良いところで乾燥させましょう。持ち運びの際、うっかりトリガーを引いてしまって「キュイーン」なんてことも、しばしば・・・。

フィルターは2か所です。どちらも簡単に取り外しができます。なので、お手入れもとっても簡単です。

まとめ

ダイソンの掃除機イイですね~。初めて手にしたのがV6マットレスプラスということで、布団クリーナーがメインのものではありますが、使ってみてCM通りだったと思えました。口コミを見ても、アレルギー体質が改善されたというコメントもありますので、我が家でも期待したいと思います。ウチの旦那さんは、子どものころアレルギーが酷くて喘息だったというので、チビちゃんがそうならないためにも、アレルゲン対策は必要だなと思っています。実際に、その良さを体感できたので、こうなると普通の掃除機も欲しい!でも、価格が・・・(;^_^A

掃除機に10万円。その価値はあると思います。アフターもしっかりしているみたいだし(まだ使った事ないのでわかりませんが)、次の買い替えはダイソンですね!コードレスクリーナーにするか、キャニスター型掃除機にするかは今後の課題です。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする