84歳元気いっぱいチアリーダー!浅野文恵さんジャパンポンポンから学ぶ

SPONSORED LINK

「笑ってこらえて」という番組で紹介されていた浅野文恵さんとは?

浅野文恵さん(84歳)が作った、ジャパンポンポンは1996年にシニアダンスチームとしてデビュー。
当時、青山学院大学生にコーチを頼み、毎週2時間の練習を続けてきたと言います。
現在のチーム平均年齢は70歳。
メンバーの皆さんは、とてもその年齢に見えないです。
入会資格は「55歳以上であること」「自称、容姿端麗であること」だそうです。

ジャパンポンポンオフィシャルページ

浅野さんのここがスゴイ!

学びたいという思いから53歳で渡米し、ノーステキサス他大学に留学し修士号を取得。
世界各地へ出かけ、スキューバダイビング、パラグライダーなど
年齢など関係なく、やってみたいことをする。
猪突猛進タイプなんですね。
帰国後「シニアチア」の存在を知った浅野さんは、どうしてもそのリーダーの方と
連絡を取りたくて、ネットなどがない当時、アメリカ合衆国、シニアチアチーム宛に
手紙を出したと言います。その手紙、あて先はわからなかったそうです。
それでも、先方に届いてしまうという「奇跡」。
何通もの手紙のやり取りの末、アメリカ、アリゾナ州を訪ねサンシティポンと
交歓会を行ったそうです。
「やるんだ!」と決めたことを、すぐに行動に移し実行する。
年齢を重ねると、臆病になってしまいがちですが、行動できる素晴らしさ!
見習いたいものです。

周りを元気にするチカラ

浅野さんは、周りの方を元気にする・・・そんなパワーがある方。
番組では、ボランティアで同年代のご高齢の方の前で踊るという
シーンがありましたが、見ている方々の呆然とされている姿・・・
本来の70代80代の姿ですよね・・・そのギャップが印象的でした。
自分がどちら側の人間になりたいか?と聞かれたら、ほとんどの方が
浅野さんのように、元気な80代になりたい!と答えるのではないでしょうか?
演技鑑賞後の方のコメントは「私にもできるかもしれない」
「元気とパワーをもらった」等、浅野さんとジャパンポンポンのメンバーさんの
活動で周りの方も元気になっているみたいですね!

人はいくつになっても行動できる

浅野さんから学んだこと。
それは、いくつになっても行動できるということ。
「やり抜く」と決めて、行動することで、元気になれる事。
そんな高齢者が増えたら、楽しいと思いませんか?
寝たきりで老後を過ごすのか、自分がやりたいことをするのか?
決めるのは自分自身。行動するのも自分自身です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする