赤ちゃんの便秘・・・・解消方法は?離乳食開始が原因?

SPONSORED LINK

ミルクや母乳だけの間は、一日に数回排便があったのに
離乳食を始めたら、便秘がちになってしまった・・・と
お悩みのママも多いはず。

我が家のベビーも5ヶ月くらいから離乳食をスタートし
一日1回食のころは、まだよかったものの、2回食にしたころから
毎日あった排便が2日に1回になり・・・3日に1回になり・・・・
こうなってくると、便秘なんじゃないか?と
心配になってきますよね。
ちょっとぐずったりすると、もしかして、お腹が苦しいのかな?と
そんな不安も出てきたりします。

数日排便がなくても、赤ちゃんの機嫌が良ければ心配はないとはいっても
ママとしては不安で仕方ないと思うのです。

● 3~5日以上うんちが出ない
● うんちが少量しか出ず、硬い
● ミルクやご飯を食べてもすぐもどしてしまう
● ミルクを飲まない。ご飯を食べない
● 眠たくもないのに、むずかる
● 大きい声で泣き続け、機嫌が悪い
● お腹がパンパンにはっていて、ぽっこりしている

このような症状が出たら、便秘かもしれません。

まず試してみたいのが

■お腹を「の」の字マッサージ

時計周りにゆっくりとお腹をなでてあげましょう。
赤ちゃんのお腹に「の」の字を描くように、
おへそを中心に時計回りでマッサージをします。
赤ちゃんへのマッサージは、指先を使わずに3本から4本の指先と
手のひら全体でやさしくなでるように、一箇所をさすってあげながら、
お腹に大きな円をゆっくり描くようにしましょう。
強く押す・さするのは危険ですのでやめましょう。

■足のストレッチマッサージ

赤ちゃんのモモとヒザで赤ちゃんのお腹を押すようにマッサージします。
赤ちゃんをあおむけに寝かせて両足首を優しく持ってあげて、
両足を交互に動かします。これで腸が刺激され、便秘解消を促します。
『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

■水分量の不足

生後5ヶ月頃から離乳食がはじまります。赤ちゃんの食生活が変化すると、
腸内細菌にも変化が起こり、赤ちゃんの体の中で便がためられるように
なっていきます。
そのため、新生児期・乳児期に比べてうんちの回数が減ります。
また、この時期は母乳やミルクの飲みが落ちることから便の水分量が不足するため、
便秘が起こりやすい時期でもあります。3~4日に1度、
スムーズに便が出ているようであればさほど心配する必要はありませんが、
排便の際に苦しそうでないか、うんちが硬くないかなどをチェックしていきましょう。
お茶などの水分をこまめに与えることも大切です。果汁やヨーグルトなども、
様子をみながら食べさせてみます。※我が家のベビーは果汁で解消されました。

■食物繊維の多いものを食べさせてみる

離乳食に、さつまいもや青菜など、食物繊維を多く含んだ野菜や
ヨーグルトなどの乳酸菌を加えてみましょう。

それでも赤ちゃんの便秘が続いたらどうしよう?
上記の方法を色々試してみたけれど、うんちが全く出る気配がない…
という場合は、迷わず病院に行きましょう。

この時期は赤ちゃんの体に生活リズムが身に付いてくる時期でもあります。
食事や睡眠のリズムを整えてあげることで、自然と便のリズムも整っていき便秘も解消されていきますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする