レーシック手術体験談の話①・・・口コミから病院決め。後遺障害の心配は?

SPONSORED LINK

私がレーシック手術を受けたのはH21(2009年)年12月28日。レーシックがブームになっていたこともあり、周りでもちらほらレーシックしたという話があって、私もやってみようかなと思ったのがきっかけです。ただ、そのころは、テレビのニュースで、感染症や後遺障害の話なんかもあったりしてちょっと不安に思ったのも確か。

そんなこともあって、どこの病院で手術を受けようか・・・と、病院探しから始まった。普段、コンタクトレンズをつけていたので、眼鏡での生活は不慣れ。病院選びのポイントととして

1.できるだけ、眼鏡の生活期間が短く済むこと。
2.診察(通院)の回数が少なくて済むところ
3.費用が予算内で済むところ
4.手術実績が多い(口コミが良い)ところ
というところで、病院を選びました。

知人が、こちらでレーシックを受けて、とてもよかったという話を聞いていました。ちなみに、検査日・手術日の前から、コンタクトの使用は禁止です。私は、ハードコンタクトレンズだったので、2週間前から禁止で眼鏡の生活でした。そして、手術前の無料カウンセリング・適応検査・診察のための予約を取り、いざ病院へ・・・・

年末の休みを利用して、レーシック手術をしようという人は、私だけではなくてたくさんいました(笑)まずは、受付をし、適応検査を受けました。大勢の人がいるので、流れ作業のような感じでした・・・。なんだか、自分が何かの商品になった感じ(笑)一つの検査を終えると、次の個室へ案内され・・・を繰り返すこと数回。そして、カウンセリング?というか、手術の内容説明ですね。人数が多かったからか、5~6人まとめてグループカウンセリングでした。それぞれの、手術の特性と金額の説明があり、自分がどの手術を受けたいかその場で言うというもの。これってちょっとね・・・・・実は、私は一番安いコースにしようと思っていたんです。(予算の関係上)ところが、グループで話を聞いて、皆の前でコースを選ぶわけですよ・・・多少の見栄も出ますよね(笑)というか、説明を聞いて、より質の良いコースを選びたくなるのが人間というものじゃないですか?カウンセラーから時計回りに、受けたいコースを聞かれました。私の前に答えた人たちは、みな一番高いコースを選んでました。・・・・私はと言うと、予算はオーバーしましたがランクを上げたコースにしました。無事、コースも決まり、手術日も決まって、一度帰宅。

⓶へつづく・・・

レーシック手術体験談の話②・・・いよいよ手術。失敗の不安。保険は使える?
レーシック手術体験談の話③・・・術後。そして回復。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする