そうめん途中で飽きちゃう・・・アレンジつゆと薬味・豚バラとなすで食す

SPONSORED LINK

暑くなってくると、さっぱりしたものが食べたくなりますね。そうめんは、さっぱり食べられる代表的なものですが、食べている途中で味に飽きてしまう・・・なんてことはありませんか?そんなときの食べ方をまとめてみました。

そうめんに飽きたら?アレンジつゆ!5選

そうめんの味に飽きてきたら、つゆをアレンジしてみましょう。

お酢

お酢をお好み量入れて、さっぱりと食べてみよう!お酢のパワーで食欲増進、疲労回復の効果も。

食べるラー油

ザクザクとした調味料をたっぷり取り、めんつゆと共にかき混ぜます。麺に絡む刻みにんにくチップが、夏バテの身体に刺激を与えてくれます。上澄みのラー油だけ入れても香ばしい。辛いのが好きな方におススメ。

ショウガ

チューブのショウガでも美味しく頂けます。適量をめんつゆに混ぜるとピリ辛で身体も温まり、夏バテ解消効果があります。

梅肉

つぶした梅干しか、梅チューブを混ぜて、あれば大根おろしも入れてみましょう。梅のクエン酸効果で疲労回復、食欲のない時にもおススメ。

中華風

めんつゆにマヨネーズとごま油を適量足すだけ。お好みで七味なども。

SPONSORED LINK

そうめんの薬味はどうする?薬味5選

薬味も色々と準備すると、そうめんを食べるにあたって飽きなくていいですよね~

きざみねぎ

定番のきざみねぎはそうめんの味を変えるのには欠かせません(笑)

ミョウガ

ピリッとした辛みが、食欲をアップさせてくれます。

玉ねぎ

そうめん一人分に対して、玉ねぎ1/4個をスライスまたはみじん切りにしてトッピング。玉ねぎはカットした後、しっかりと水にさらして辛みを和らげてから使うと美味しく食べられます。

わさび

ピリッとしたワサビでサッパリ。

白ごま

夏に不足しがちな栄養素も取れる白ごまは、胡麻油との組み合わせで中華風にも。

そうめんの付合せに豚バラやナス!

そうめんだけだと、ちょっと寂しい・・・そんな時には、付合せも。

 

ナスのおひたし

とても手軽に作れちゃうおひたし。フライパンに、多めの油をひいてナスを入れ、油を染み込ませます。ナスが柔らかくなったら皿に取り出し、市販のめんつゆをかけ、すりおろしショウガ又はチューブショウガを適量のせるだけ♪

 

豚バラのカリッと焼き

豚肉の薄切りやバラを、アルミホイルを敷いてオーブントースターで5~6分焼くだけ。大根おろしを添えると、よりいっそう美味しく食べられます♪

余談ですが・・・そうめんをパスタのように食べても美味しいよ( *´艸`)

1人前そうめんに、オリーブオイルを多めに回しかけ、ゆでた鳥のササミ・キュウリの千切り・クリームチーズ適量のせ、塩をパラパラっとお好みで振りかけ食べるだけ!

まとめ

忙しい時は、色々準備するのは大変ですが、薬味や付合せをいくつか用意することで、そうめんを飽きずに食することが出来ます。我が家では3~4品用意するのが定番です♪