バーベキュー小型コンロのおすすめと簡単片付け油落としにコレ!

SPONSORED LINK

春先から夏、そして秋にかけて、バーベキューシーズンは長いですよね。我が家では、日曜日などの休日にもちょこっとしたバーベキューを庭先で行います。小さいバーベキューコンロを出して、外でお肉や野菜を焼いて食べるだけでも、開放感を味わえるのでおすすめですよ!

自宅バーベキューに小型ガスコンロのおすすめ

初心者でも簡単に扱えるバーベキューコンロは、小型のガスコンロ。

 ↑こちらのコンロは、ガス式なので初心者でも簡単に準備することが出来ます。(※画像をクリックしていただくと、商品詳細を見ることが出来ます)ガスボンベをセットするだけで使えるので、準備や片付けがスピーディー。自宅でちょっとしたバーベキューには大活躍です。

我が家では、縁側にガスコンロをセットして、ちょこっとバーベキューをしますよ(^^♪

SPONSORED LINK

バーベキューコンロの片付けは面倒

 楽しいバーベキューですが、片付けはとても面倒ですよね・・・。小型のガスコンロであれば、網とヒートパネル、油受け皿を洗って、側を拭くだけでいいのですが・・・、それですら油汚れがなかなか取れずに大変。台所用洗剤で洗っても、なかなか油が落ちません(+o+)

バーベキューコンロの油汚れをカンタン掃除!

そこで!

最近発見した、油汚れを簡単に掃除するための洗剤を紹介します。

↑こちらは、アルカリ電解水クリーナー。(※画像をクリックしていただくと、商品詳細を見ることが出来ます)アルカリ電解水の力で汚れを落とすというもの。

  • 油汚れに
  • キッチンや食卓に
  • ベビー用品に
  • リビングに

洗剤を使いたくない場所に使えるスグレモノ。界面活性剤不使用なので、環境にやさしく排水も汚れません。ニオイの元になる汚れや雑菌を取り除くので、除菌・消臭効果もあります。

実際の使用状況・洗い方(作業時間10分程度)

バーベキュー後のガスコンロの油汚れに使ってみました。

準備するもの・・・アルカリ電解水、金たわし、キッチンペーパー、簡易ビニール手袋(手を汚したくない場合)

※写真はクリックすると拡大されます

1.洗浄前

2.水張した油受け皿を外し、水を捨てる

3.キッチンペーパーの上に外した網を乗せる

4.網にアルカリ電解水を吹きかける(すぐに油が浮いてきます)

5.ヒートパネルを外し、キッチンペーパーに乗せる

6.ヒートパネルにアルカリ電解水を吹きかける(すぐに油が浮いてきます)

7.本体の油汚れにも、アルカリ電解水を吹きかける

8.本体の汚れをキッチンペーパーで拭き取る

9.受け皿、網、ヒートパネルは金たわしで軽く水洗いする

10.キッチンペーパーで拭き上げ、組み立てて終了

ゴシゴシこすらなくても、こんなにきれいになりました!

まとめ

こんなに便利なものがあったんだ!しかも洗剤じゃないから、手荒れもしにくいし(^^♪もっと早くに出会いたかった(笑)

アルカリ電解水も色んな種類が出ていますが、セスキの激落ちくんは値段も手ごろで、詰め替えもあるので1本あると便利ですよ!ちなみに、換気扇などの油汚れもかなり落ちます。しつこい油汚れは落ちませんと書いてありますが、結構イケます(笑)ほかにも、ビニールクロスなどのタバコヤニなども、比較的落ちました。いろんなところに使って試しています。