米倉涼子主演ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』も好きだけど、「松本清張の黒革の手帖」も

SPONSORED LINK

私、米倉涼子のファンなんです。
なので、テレビ朝日でやっている、米倉涼子主演ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』も
毎週かかさず見ますよ。そのために、家事の予定も組むほどです(笑)
米倉さんと私、歳が同じなんだ・・・と思ったら、女性としての目標にもなりました。
あんな風に、カッコいい女になりたいと。

「ドクターX」のシリーズはもちろん大好きです。
「私、失敗しないので」という強気発言大好きです。
第10話(12月15日放送)に、黒木メイサがメインゲストとして出演し、米倉涼子と初共演することが
決定したそうで、しかも、黒木メイサは第2子を現在妊娠中で、すでに安定期に入った黒木メイサが、
劇中でも妊婦を演じるということです。クロキメイサが演じる「十希子」は、心臓に疾患があり、
出産すれば自身の命が危ぶまれることが分かってしまいます。自分と我が子の命が天秤にかけられるという
残酷な状態の中、十希子は迷わず子どもの命を優先し、出産を決意。米倉涼子が演じる、未知子は両方の
命を救う道を模索しますが、やがて非情にも“さらに残酷な事実”が判明し・・・というところが
見どころのようです。
ホント、毎回楽しみです。

「ドクターX」もですが「松本清張」のドラマシリーズも好きなんですよね。
妖艶な女性の役が素敵です。鋭い目の米倉涼子がピッタリ!
なかでも「黒革の手帳」はお気に入り。松本清張の「黒革の手帳」も大好きだったので
ドラマがどんな風に仕上がるのだろうと楽しみでした。

【黒革の手帳ストーリー】
銀行員・原口元子(米倉涼子)は勤務先の銀行から1億2000万円を横領する。
元子は架空名義預金者のリストが記された黒革の手帖と引き換えに、銀行に横領を不問に付させることに成功する。
やがて、銀座の老舗クラブ「燭台」のママ・岩村叡子(山本陽子)のもとで銀座での生き方のイロハを学んだ元子は
横領した金を元手に、銀座に「カルネ」(仏:carnet 手帖)という名のクラブを開く。
参考:Wikipedia

真面目で堅実なOLから、夜の世界での華やかなママへの転身。そこで、のし上がっていく様。
銀座では「絶対誰の囲い物にもならない」「絶対一生誰も愛さない」を信条とする元子が
どうなっていくか・・・が見どころ。
この作品もまた見たいなと思ううちの一つです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする