60代女性に多いひざの痛みの原因は?薬やサポーターで対処できる?

SPONSORED LINK

私の母は60代です。先日、歩き初めにヨタヨタしているので、「足が痛いの?」と聞くと、「最近、ひざが痛くて・・・。特に歩き始めが痛いのよ。ちょっと歩けば大丈夫なんだけど。」と言っていました。母も年をとったなと思うとともに、痛々しい姿を見て、どうにかならないものか?と考えています。

60代の女性に多い、ひざの痛みの原因は?

60代女性に多いひざの痛みは、一般的に多いのが「体重の増加によるもの」「ひざ関節の軟骨のすり減り」「ひざの筋力の低下」があげられると思います。

体重の増加は、増加によってひざに負荷がかかるため、痛みが出るというものです。痛みが出始めてから、ダイエットしようと思っても、痛くて動けない・・・更に痛みが増す・・・悪循環ですね。

ひざ関節の軟骨のすり減りは、加齢とともに軟骨がすり減ることにより、痛みが出るというものです。こちらも、痛みが出始めたら、体を動かそうと思っても、痛みが増すばかりで、動く事が億劫になってしまいます。グルコサミンやコンドロイチンなどのサプリメントなど、軟骨に良いとされる成分を取り入れる方法で改善できるといいのですが・・・。

ひざ筋力の低下は、筋力の衰えによりひざに負担がかかり痛みが出るというものです。こちらは、筋力をつけることによって痛みの緩和が出来ます。歩き方や姿勢にゆがみが起こると、それをカバーするように他に痛みが出てきます。筋力は何歳からでも鍛えられると言いますので、無理せず筋力をつけたいものです。

母の場合は、ひざ関節の軟骨のすり減りが原因のようです。

SPONSORED LINK

ひざの痛みは薬で治る?

痛みが酷く、病院にかかるとヒアルロン酸を注射したり、飲み薬として消炎鎮痛剤で炎症を抑えたりなどありますが、どうやら母は薬に頼らず、サプリメントや運動で改善したいと考えているようです。一時的に痛みを取り除くだけでなく、痛みを改善したい等考えには私も賛成です。ですが、ただ歩くだけでは筋肉はつきませんし、現状痛みがある中でなかなか思うように動けないというのが大きな悩みです。

ひざの痛みを緩和し、楽に歩くにはサポーター?

 立ったり、座ったり・・・そして歩き始めに痛みが出やすいということで、そういった痛みを緩和できるようなものがないかと思って探していたのがサポーター。いろいろあるけど、どれがいいんだろう?

坂本トレーナーのぐんぐん歩ける膝らくサポーター

そんな時に目にしたのが、この広告でした。「ぐんぐん歩ける」このフレーズに惹かれました。ひざを固定することで、ブレた歩き方を防ぎひざに負担をかけにくくするのだそうです。

まとめ

痛みがあると動く事が苦痛になってしまいます。特にひざと言うのは、私自身痛めたことがあるので、立ち座り、歩くのがどれだけ大変かは経験済みです。そういった痛みから少しでも解放されて、痛みを改善できることができればと思います。